ハイレベル美女をナンパして人間力を磨く

男らしさ、ユーモア、コミュニケーション能力を磨いて、美女を落とす大学生の挑戦ブログです

ナンパを構造化し、課題を特定してみた③~連れ出し率を上げるために~

こんにちは、そるです。

 

最近日中は少し暖かくなってきましたね。

夜街でると相変わらず寒いんですが笑。

 

それでは前回の記事の続きを書いていきたいと思います。

 

こちらですね。

 

ナンパを構造化し、課題を特定してみた① 〜構造化+α編〜 - ハイレベル美女をナンパして人間力を磨く

ナンパを構造化し、課題を特定してみた② ~美女遭遇数を増やすために~ - ハイレベル美女をナンパして人間力を磨く

 

 

 

今回は連れ出し率について深堀していきます。

 

f:id:salsol:20180218120438p:plain

 

声かけ率は自分の場合、美女に遭遇したらほぼ100%声かけするので(あくまでストリートの話です)ここではもうこの数値を上げることは不可能ということで省きたいと思います。

 

もし、地蔵で悩んでいて、どう解決すればいいかというニーズが多ければその記事も書いてみたいと思いますが、ググれば結構色々な方が書かれているのでまずはそちらを参考にして頂ければと思います。

 

 

連れ出し率をいかにして上げるか、これは地蔵しなくなった方が次にぶつかる壁ですよね。

 

連れ出すために必要な要素はたくさんあるので、それを一度整理してみたいと思います。

 

f:id:salsol:20180218120509p:plain

 

右側にいけばいくほど具体的になっていきます。

 

話の内容は、相手の言葉をしっかり拾えているか(フレーズを言うだけでなく、きちんと会話のキャッチボールになっているか)、相手の表情や反応を拾えているか、共有スペースを有効活用できているか、sのすり替え・受け身会話ができているか、ネガティブプットを逆転し笑いに変えられているか、ユーモラスに線でオファーできているか、オファーオファーになっていないかなどさらに細かく分けられますね。

 

マインドももっと細かく分けられると思います。

 

声の大きさや声のトーンもとても大事です。声かけして反応が悪くなっていたときが一時期あって、自分のテンションが上がってきて、相手の反応が良くなったというときがありました。これは自分がナンパを楽しめていなかった(=マインドがよくなかった)こともありますが、メンタル状態が良くなく、自然と声が小さくなっていたことも一因だと思います。駆け出しのころはとくにまだ自分に自信がなく声も小さくなりがちなので、意識してみるといいかもしれないですね。

一番のおすすめ実際にボイスレコーダーで自分の音声をとってみることです。音声とると自分の声が思っていたよりも小さかったり、暗かったり、声に抑揚がなかったりとバーバルの問題点が結構はっきりしてきます。

 

僕の場合は、連れ出し率を高める要素の中で、話の内容以外の要素はほぼ全てクリアできていると今は思っていて、話す内容が一番のボトルネックかなと思っております(勘違いの可能性もあります)。

 

後はファッションについてももっともっと洗練化させることができると考えていて、今でも十分反応はとれているのですが、素材感や色づかい、トップスのリラックス感を追求していけばもっと反応率を上げることもできるのでは?と思っています。春になったら、そこは反省材料としてもっとステップアップしていきたいですね。

 

話の内容については自分の音声をとって振り返り、ここをもっとこうすればよかったと仮説を立て検証していくこと、岡田さんの実録音声から使えるフレーズを学び実践していくこと、の2点がいまのところ打ち手として考えられるかなと思っています。他には講習を受けて講師の方にフィードバックしてもらうことやナンパ仲間に音声を聞いてもらって指摘し合うなども考えられるかなと思いましたが、少しコスト(金銭的コスト、時間的コスト)が高いかなと思いました。余裕が出来てきたらそっちの方も考えたいですね。

 

 

今日はこんな感じで。

 

 

 

ありがとうございました。

 

ナンパを構造化し、課題を特定してみた② ~美女遭遇数を増やすために~

こんにちは、そるです。

 

今日は3週間くらい前に書いた記事の続きをしたいと思います。

 

salsol.hatenablog.com

 

これですね。

 

めっちゃ放置してました。すいません笑。

 

前回まではナンパアプローチをまず、日常アプローチと非日常アプローチにわけ、前者での地蔵をなくすことにより声かけ数を増やしているというところだったと思います。

 

今回は上記した各アプローチの中で、クロージングに至までにどのように区切ることができ、各要素の中で自分のボトルネックがどこにあり、それをどう解決するのかというところを書いていきたいと思います。

 

前回も書きましたが、

 

f:id:salsol:20180218111329p:plain

 

と表すことができると考えます(もっと良い区切り方があるかもしれません)。

 

この4要素の値を高めることが美女クロージング数の値を増やすことに直結するというのは上記の式の通りです。

 

それでは、左の要素から順番にもう少し掘り下げて考え、自分のボトルネック特定とどういったアクションをとるのかについて考察します。

 

まずは美女遭遇数についてです。

 

当たり前ですが、美女と遭遇する数を増やす為には美女がたくさんいるスポットにいくべきですよね。

 

僕が活動できるのは神奈川県や東京都エリアなので、横浜、川崎、町田、渋谷、新宿、表参道、六本木、恵比寿、有楽町などが主な活動都市になってくると思います。

定量的な調査はしていないですが、肌感覚としてもこれらの街に美女がたくさんいるのは感じますし、ファッションビルやお洒落な女性が好きそうなお店があるので、上記した街が他の街に比べて綺麗な女性が本当にたくさんいるのかという議論は省くこととします。

 

ナンパを初めてしばらくは上記した街(主に渋谷、表参道、横浜)でやっていたのですが、時間帯や曜日によって、美女がいる割合が結構違うように感じました。

平日の午前中や昼間は少ないというのは普通に考えて分かりますが、休日の夜なのにターゲットがいないみたいな日が割とあって、美女がたくさんいる時間帯や場所にどんぴしゃで出たいですよね笑。

 

なので、ここでの課題は「美女がたくさん出現する時間帯や場所はざっくりとは分かるけど、明確化できていない」という1点のみなので、ここがボトルネックですね。

 

じゃあ次は、実際にそれをどうやって解決するのかってところです。

 

結論から言うと、この曜日のこの時間帯は◯◯という理由で美女がいそうだという仮説を立てて、それを街に出たときに検証するというスタイルにします。

 

美女がどれくらいいるかという指標ですが、まあざっくりと、

1ほとんど可愛い子いない

2あんまり可愛い子いない

3まあまあ可愛い子いる

4たくさん可愛い子いる

5美女で溢れかえっている

 

という感じでいきたいと思います。

可愛い子の定義は完全に自分の独断と偏見ですが笑。

 

かなり厳しめにはしたいと思います。

 

 

全ての街と曜日、ある程度美女がいると予想される時間帯30分単位で定点観測的に通った美女をカウントすることも考えたのですが、一人でやるにはあまり現実的でない感じがしたので、仮説検証スタイルでいくことにしました。

 

また、仮説の精度を高めるために、女性ファッション誌や美女のインスタグラムをチェックして、女性の行動特性についての理解を深めたいですね。

これは対峙会話のときの話のネタにも繋がりますし。

 

とりあえず、今日平日水曜は渋谷18時〜19時で試したいと思います。平日の仕事帰りのピンの子がまあまあいるんじゃないかと予想しています。

 

 

 

残りの声かけ率、連れ出し率、クロージング率はまた後日続きを書いていきます笑。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

1/28(日)スタイルいいOL連れ出し,1/31(水)スト高ギャル連れ出し

1/28(日)

@横浜

声かけ5

笑反応4

会話成立4

連れ出し1

連絡先交換1

 

この日は用事の後、さくっと声かけ。

 

5人目で背が高くてスタイルいい可愛いOLを連れ出し。

 

—データ—

160cm後半

スタイル良い

結構可愛い

OL

落ち着いている

性格良い

彼氏あり

 

フロントからアプローチ。

前もそれいたと言われたが、そこから畳み掛けて笑いのテンションを維持。

3,4回オファーグダられるも、粘り連れ出し。

 

共有スペースの弄りやネガティブプットの逆転など学んだことをしっかり発揮できていた。

 

カフェでは、相手の仕事を辞めたいという話と今彼の話(結婚話)に深フックがあると仮説を立て、それらを軸に進めた。

 

 

途中、興味からの質問サインが3,4回出てきて、割と食いつきがあるように感じた。

 

このレベルの女の子はまだクロージングしたことがなく、かなり期待が高まる。

 

自分話も少し挿入し、盛り上がったところでダラダラせずに切る。

 

時間が少し遅かったため、向こうもそろそろ帰ろうかという感じであまり焦燥感はなかった。

 

最後まで少し怪しいと思われていた気がする。

 

もう少し、自分の日常が見える自分話を2,3個意識的に挿入してもいいかもしれない。

 

店を出て、連絡先を交換し、その流れでハンドテスト。

 

ハンドテストするか迷ったが、あくまでテストなため、実行することにした。

失敗笑。

 

その場でフォローを入れて、バイバイした。

 

次の日軽くライン送るも未読スルー中笑。

 

 

反省と次回に向けて

  • もう少し自分話を挿入して、相手にこちらの日常を想像させる(怪しさを解消)
  • もっと相手の仕事観や浮気話について会話イメージ(ときには自分話)を与えながら引き出せたはず(深フックまでおそらくたどり着けてない、だが、もう少し。)

 

 

 

 

 

1/31(水)

@表参道、渋谷

声かけ5

笑反応3

会話成立3

連れ出し1

LG2

 

今日は用事をすませ、軽く表参道で。

 

好みの子がいなかったら速攻渋谷に変えようと目論んでいたが、駅を出た瞬間目の前に可愛い系の女子大生を発見。

 

声をかけると、結構反応が良くそのままトーク

 

盛り上がったタイミングで何度かオファーするも、通りそうで通らない。

 

この攻防を6,7回続け、結局渋谷まで平行トークすることになった笑。

 

最終的に買い物グダを崩せず、建物の仲間で入っていき、ライン交換して終了。

 

今時のファッショナブルな女子大生という感じで、話は盛り上がったが、連れ出せなかった。

 

兄弟と仲が悪い、という割と深めの話まで引き出したが、言い合える関係が出来ていなく、距離感縮めが足りなかったのかもしれない。

 

渋谷についてしまったので、そのまま渋谷でストることに。

 

 

 

早速、美人系のギャルの子を発見し声かけ。

 

イヤホンを外してくれ、楽しませながら粘っていると、予定まで時間が少しあるからと、連れ出すことができた。

 

ちなみに予定まで後15分くらいらしい。

 

—女のデータ—

20代前半

美人系ギャル

スト高

美容師

160cmくらい

おしゃれ

 

 

ルックスレベルが高くめちゃくちゃ美人でお洒落。

最初は口数が少なかったが、徐々に心を開いてくれた。

 

向こうの仕事話を中心に会話を進める。

 

途中、

 

仕事何してるの?

 

といった興味からの質問サインも少し出てきたが、時間になってしまった。

 

こちらに興味を持ってくれているのが伝わってくる。

 

向こうは時間を見つつも、別に帰ろうという素振りは見せない。

 

気を使って、自分から退店を促したが、このまま約束を踏み倒させることもできたなあと今になって思う。

 

めっちゃ勿体無いことした、何やってんだ俺笑。

 

 

とりあえず、ライン交換して向こうから感謝のラインが来たので、アポれるよう頑張ります。

 

 

反省&次回に向けて

  • 仕事話の深堀(お客さん悪共有、今後の目指すところなど)
  • 恋愛話(今日のところはまだ触れていないので、客観視会話を意識して深いところまで楽しませながら引き出す)
  • ↗︎に関して自虐ベースの自分話の挿入
  • 焦燥感切り

 

 

 

最近自分が満足するレベルのハイレベル美女を連れ出せていて、トークレベルも上がってきているように感じています。

 

後はクロージングするだけ。

 

 

 

前回やった、ナンパの構造化、課題特定の続きはまた今度で笑

 

 

 

ありがとうございました。

 

ナンパを構造化し、課題を特定してみた① 〜構造化+α編〜

こんにちは、そるです。

 

今日は少しナンパを構造化して、自分の課題やボトルネックがどの部分なのか、そして、その課題に対しての打ち手を考察してみたいと思います。

 

 それでは本題に入っていきます。

 

そもそも自分のナンパは日常アプローチと非日常アプローチの2つがあるかなと思っています。

 

f:id:salsol:20180124220936p:plain

 

日常アプローチは「電車の乗り換えでたまたま可愛い子いた!声かけよう」、「飲み会にいく途中で可愛い子いた!声かけよう」、「カフェで勉強していたら、たまたまとなりに美女が座ってきた、軽く声かけよう」みたいな、日常生活で突発的に美女と遭遇し、アプローチすることを指しています。

 

非日常アプローチは「今日は新宿で用事があるから終わったら新宿で1時間ナンパするぞ!」、「◯◯さんと渋谷で合流して2時間くらいやろう!」みたいな感じで、ナンパ目的で街に出て声をかけることを指します。

 

そして、各アプローチの中で、以下のような式により美女クロージング数は決定されます。(ちなみに、後日クロージングは含まれていないく、即クロージングの場合のみです。)

 

f:id:salsol:20180218111457p:plain

 

まず、当たり前ですが、自分好みの美女と遭遇しないといけません。そして、見つけたら、実際に声をかけ、どこかへ連れ出し、クロージングする。大雑把に分けるとこんな感じでしょうか。

 

なので、日常アプローチと非日常アプローチを増やし、その中で美女クロージング数の要素(美女遭遇率、声かけ数、連れ出し率、クロージング率)の値を高めることで、理論上は美女クロージング数を増やせる訳です。

 

自分は非日常アプローチで地蔵することはほぼなく、日常アプローチで地蔵することがよくありました。地蔵というか、そもそも声かけしようともあんまり思っていなかったです。声かけしている人なら分かると思いますが、経験値が増えてくると女の子を見る目が肥えてきて、本当に好みの子・ルックスレベルの高い子だけしかいきたくない、という状況になってくると思います。街に出ても、可愛い子が全然いなくて、1時間に3、4人しか声かけられなくて、その内2人は全然好みじゃなかったなんてことはざらにあります。美女クロージング数を増やすにはまず美女に声かけしないといけないので、そこが伸び悩んでいると必然的にクロージング数も伸び悩むという流れです。

 

しかし、非日常アプローチで可愛い子少ないなと思っていても、意外と日常で美女と遭遇することって割とありますよね。そこも声かけできれば、もっと声かけ数が増やせると思ったんで、ここ数週間は日常でも声かけられるように少し自分に負荷をかけていました。実際に今は日常でも可愛い子がいたらそく声かけモードに入れるようになってきました。

 

次にじゃあ日常アプローチ、非日常アプローチの中でどの要素を高めていくかっていう話になると思います。

 

 

 

 

結論的に言うと、まあ全部なんですが笑。

 

 

それだとまあ当たり前なんで、次回もう少し各要素を分解してみて、それに対してどこがボトルネックになっているのかを特定し、打ち手の評価をコストと効果の2軸で考え、行動レベルまで落とし込みたいと思います。

 

 

とりあえず、今日のところはナンパの構造化と、その中で最近日常アプローチを増やせるんじゃないかと考えて実際にそこを強化しているというところまでの報告で終わりとさせて頂きます。

 

 

ありがとございました。

お喋りな可愛い女子大生と人見知りな可愛い女子大生からLG

1/17(水)

 @渋谷 30分くらい

声かけ2

笑反応1

会話成立2

LG1

 

この日は渋谷付近で用があったため、その前に軽く声かけすることに。

雨が結構降っていて、屋外は厳しい感じでした。

 

まっちさんに教えて頂いた本屋やツタヤを巡ったが、あまり可愛い子はいない印象。

マークシティに移動し、少し探すことにした。

 

 地下で待ち合わせっぽい子に声かけるも失敗。

 

エスカレーターに乗り一階につくと、ちょうど可愛い女子大生くらいの子が前を通ったので、追いかけてロストアプローチ。

 

笑ってくれるも、前も同じ声かけされたと言われる笑。

まあ、そこは適当に流して、トーク

トークスピードが速い速い。思考スピードや頭の回転が速いというよりは、口を動かすのが速いという感じ笑。

傘を探していたらしい。

近くのコンビニまで一緒に連れて行き、こっちも用事があったため、LGしてバイバイした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

1/18(木) 30分くらい

@横浜

声かけ4

笑反応3

会話成立3

LG1

 

今日は30分だけ横浜で声かけることに。

時間帯は夕方だったが、割と可愛い子がいた。木曜日は意外といいのかもしれない。

 

一人目はこれからバイトみたいで、結構和めたものの最終的に連絡先交換はできなかった。可愛くて癒し系の子だっただけにショック!

 

続いてギャル美人系の子に声かけ。

 

前もそれ言われた▶︎あーそれ俺の兄貴かも

 

の定番の流れで笑いを誘発させるも、何度がグダられ、改札に入っていってしまった。

 

3人目は可愛い系女子大生。

ロストアプローチで笑わせ、相手の言葉を広いながら会話を展開していく。

人見知りらしい。

俺もだよと定番のボケをはさみ、言い合える関係をつくる。

テスト前+課題提出が間近で本当にきつそうだったので、LGしてバイバイした。

 

4人目はスタイル抜群ギャル系。

美人特有のちょっときつそうな感じの子。

スキニーパンツにビトンバック、高そうなブランドのヒール。

持ち物が良くて、完全にお水系だろという感じ笑。

 声かけするも頷くだけで、高反応とれずに終わった。

 

「頷きすぎでしょお姉さん笑、もしかしてちょっと喉乾いてる?」

 

「そこは頷かないんだ笑」

 

みたいな切り返しはありかも。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1/19(金)

@横浜 15分くらい

声かけ2

笑反応2

会話成立2

 

用事の後に軽く声かけ。

あんまり好みの子は見つからず、2人程声かけたがうーんという感じ。

金曜ということもあり、これから飲みで二人とも連れ出すまでには至らなかった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ボイスレコーダーの新調

 

 

ずっとボイスレコーダーが壊れていたのですが、最近新調しました。

音声とると自分が思っている課題と実際の課題って違うなと感じます。以外と声小さかったり、抑揚がなかったり。後、この反応に対してもっとこう切り返せば良かったと思うところも多いですね。あのとき、どうすれば良かったのかという仮説を立てて、それを検証していく。そのプロセスが凄く大事な気がします。自分の弱点を一つ一つつぶしていって、レベルを上げていきたいと思った今日このごろでした。

 

 

ありがとうございました。

気づき

今日は犬で軽くストってきました。

 

用事が近くであったので、それをすませ、ちょこっとだけ。

 

ゴリゴリさんもストってるということだったので、合流させてもらうことに。

 

ゴリゴリさんを待っている間、スタイル抜群のモデルっぽい子がセンター街を通ったのを見て、迷わず声をかけにいきました笑。

 

ゴリゴリさんすいません。

 

自信満々にかつナチュラルに。

相手に興味を持つが女としての価値は置かないというマインドで声かけ。

 

ロストアプローチで笑ってくれ、そこから共有スペースを弄り、会話成立。

相手のプットから話を上手く拡げ、飽きさせないような会話ができたと思います。最近毎日声をかけているからか、トークが磨かれてきたように感じます。何かこう会話成立までいけば、いい感じに粘れるというか、そんな感覚です。

 

買い物するということで、ついていくことに。

 

適当に店内を物色して、女の子が買い物を終わるまで待つことに。

 

買い物も終わり、店内を出て、当然のようにカフェオファーするも断られる。

 

スタイル抜群でルックスレベルも高い子でしたが、堂々と男らしさを忘れず、いい意味で雑にすることで、良い雰囲気で話せたんですが、最後押し切れず、連れ出せませんでした。

 

ネガティブプットが出てきたときにそこを拾っていかにユーモラスな切り返しで相手を楽しませるかというところがまだできていないみたいです。

 

TUTAYA前に行き、ゴリゴリさんと合流。

遅くなって申し訳なかったです。。。

 

少しトークし、前々からちょっと気になっていた杉崎さんを紹介してもらえることに。

 

 

LOFT前で少し話しながら待ち、杉崎さんと初合流。

 

物腰柔らかく爽やか系の方でした。

すっと、女子の懐に入っていけそうな柔らかい雰囲気がある方ですね。

声かけを少し後ろから見させてもらい、勉強させてもらいました。

 

粘りが凄くて、自分が放流しそうになるところの2倍、3倍も粘り、女子から笑いを引き出します。

 

それから、適当に声をかけ、途中、まっちさんやポルノさんにあったり、YASUさんを街で見かけたりと、懐かしい面影がたくさん今日はあって面白かったです。

 

特に成果も出ず、30-60分くらいやって今日は帰宅しました。

 

合流すると新たな気づきや発見があって面白いなと改めて感じた一日でした。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

大人なlady エスティシャン連れ出し

最近声かけを日常に落とし込むため、毎日少しでも声かけをするよう意識しています。

 

美女が日常で突発的に現れても堂々声をかけれる瞬発力を養いたいですね。

 

1/6(土)@犬

 

9人目 エスティシャン

 

f:id:salsol:20180106232739j:plain

google検索より 写真はイメージ)

 

犬で何人か声かけしていると、上品そうなお姉さんの後ろ姿が見える。

追いかけてすかさず声かけ。

 

ロストアプローチでこっちの予想以上に爆笑される。

そのままのテンションを維持しながら何回かオファーするも断られる。

 

楽しませながら粘り続け何とか連れ出す?連れ出される?笑 

ことに成功。

お姉さんの行きつけらしいバーっぽいところに連れて行かれる。

 

ー女のデーター

160cmくらい

アラサー

彼氏なし

エスティシャン

 

美人で色気のあるお姉さんという感じ。

昨日、年上女性のアポで中々上手く行かなかったので、tav本編の年の差シリーズを聞き込みしっかりとそれを実践することに。今日午前中聞いていてよかった笑。

経験豊富な相手に色々教えてもらう、母性本能をくすぐるような在り方で接する。

 

恋愛や仕事観について深堀し、なるべく相手の深い部分、本質的な部分にスポットライトを当てることを意識。

かなり深いところまで引き出せた。

途中、

 

願望サイン

普段はほとんど無視するし、ついていかないけど今日は面白かったから

 

興味からの質問サイン

彼女いないの?

いや、俺彼女いたことないよ。童貞だし。

絶対うそ笑

 

などのサインも出てきて割と食いつきを感じる。

向こうから距離を詰めてくるような言動もあったが、そこは安易に食いつかず、少し距離を話すように意識をした。

 

話す話題も尽きること無く90分くらいトーク(ほとんど聞きメインだが)した。

 

 90分もトークするとさすがに焦燥感はなかったが、相手はトイレに。

トイレサインか?と思ったが、普通にトイレに行っただけのように見えた。

 

店を出ると向こうからライン打診される。

やはり食いつきはあったようだ。

 

ライン交換し、こっちから今度はハンドテスト。

 

拒否されず、ポッケから手を出してきたので、軽く握る。

 

ちょっと照れていた。

 

だが、結局すぐ予定に向かわないといけないみたいで(アプローチ時に言っていた)、今日はバイバイした。

 

若さはコンプレックスではなく武器になる、tav本編で岡田さんが言っていたことが少し理解できたように思う。しっかりと自分のものにしたいと感じた一日だった。

 

 

 

ありがとうございました。