ハイレベル美女をナンパして人間力を磨く

ナンパを通じて人間力、男らしさ、コミュニケーション能力を磨く大学生の挑戦

9月まとめ ~悩み考えた1ヶ月~

こんにちは!

そるです。

今日は9月最後の日ということで、まとめをしたいと思います。

 

声かけ129

連れ出し6

連絡先9

クロージング0    

クロージングもどき1

 

という結果でした。

目標であった月間150声かけ以上に全然届いてませんね。

ただ、先月と比べて連れ出せる率というものは上がっています。

先月は50人に声をかけて一人連れ出せるレベル。今月は20人ちょい声かけて1人という感じです。また、先月よりも目が肥えてきて、女の子を選ぶ基準も高くなっていると思うので、成長はしてるかなと。

率もそうですが、声かけを継続して行く中で、気がついたこともたくさんありましたし、自分自身と向き合うことも多かったです。

ナンパはやっぱり、女の子を楽しませる、男らしさ、安定感、うまく相手の話を引き出してあげる、などなどたくさんの要素が必要で、自分自身自分には何が足りてないのかな、どうすればもっとよくなっていけるかなということに関して悩んだ1ヶ月であったと思います。自分の中にある怖れと向かいながらも、勇気を出してハンドテストしたり笑。

ナンパを始めた1ヶ月目、2ヶ月目はとにかく声かけることに慣れるということに必死でした。3ヶ月目くらいから徐々に慣れ始め、完ソロでも声かけができるようになったり、少しずつ連れ出しも増えてきた感じです。この辺からやっとスタートラインにたったのかなといった印象でした。

声かけに対して非日常感は少なくなってきて、女の子を笑わせて、平行トークするというだけでは満足を得られなくなってきた頃です笑。

やっぱり始めた当初は街に歩いている女の子に声をかけて、笑ってくれるっていうことに対してすごく面白さを感じていました。連れ出しやバンゲももちろん嬉しいのですが、女の子が笑ってくれるということが俺は一番嬉しかったです。

あ、実録音声通り声かけたら、本当に笑ってくれた、めっちゃ気が楽やんみたいな感じでしたね。

 

9月は前半かなり調子が良かったです。1人目で連れ出せたり、犬でも3人声かけて連れ出したり。自分が凄腕になったと勘違いしていた時期です笑。

連れ出した子も普通にみんな学校のクラスにいたら絶対モテるような子でしたし、俺も一人前になれたかなと錯覚していました笑。

その次の週は全く結果が出ず、得かけていた自信はみじんもなくなりましたが。

 

調子いいときはいいし、悪いときはそんな日もあるかくらいに考えられるようになりました。以前は、調子悪いと、やっぱ俺むいてねえわ、なぜに結果が出んのやみたいに悪く悪く考えてましたが、最近はまあこんな日もあるかくらいで収まっています。

 

来月の目標は10人に声かけて1人連れ出すレベルまで持っていくこと。

ちなみに10人声をかけて1人連れ出すというのは、しっかりやるべきことを押さえれば、そんなに難しくないレベルだと岡田さんが音声の中で断言されています笑。

声かけ数は最低100、できれば150人

後はそろそろクロージング1人したいっす。

 

まあナンパは改善点を見つけながら継続していくことが大切だと思うので、楽しみながらやっていきたいと思います!

 

4ヶ月やって感じた成長点

・完ソロできるようになった

・声かけするマインドも変化した

・連れ出し、LGの率も上がってきた

・所属しているコミュニティー(学校など)内でも割りかしコミュニケーションをとるのがうまくなった

・ナンパ以外の面でも積極的になれている気がする

 

ナンパ以外の面でも少しずつ変化が起きているように感じた1ヶ月でした。振り返ってみれば、まだ始めて4ヶ月。まだまだ全然始めたばっかですね。

 

後、(岡田さんも言っているが)普段からの心がけが大切だなと感じた。ナンパのときだけうまくやろうとするんじゃなくて、普段生活しているときから、自分が今何ができるのか、相手の真意をつかもうとしたり、姿勢、歩き方、 気づかいなどを根本的に自分を変えるというか、素の自分を高めていくことが重要だと思った。