読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイレベル美女をナンパして人間力を磨く

ナンパを通じて人間力、男らしさ、コミュニケーション能力を磨く大学生の挑戦

男らしさを学べる映画

映画

今日は映画「メカニック」を紹介しようと思う。

 

f:id:salsol:20160905113511j:plain

 

ハードボイルド系の映画だ。

あるブログで紹介されいていて、男らしさが学べると思い、TUTAYAで借りてきた。

主演はジェイソン・ステイサム

ワイルドスピードワイルドカード、エクスペンダブルズなど

数々のアクション系の映画に出演する俳優だ。

イギリス、イングランド出身で、水泳の飛込競技の元選手らしい。

選手を引退したのちファッションモデルに転向。

 

彼が出演する映画を見た印象としては、

チャラチャラしたイケメン系という感じではなく、渋さ、落ち着き、冷静などハードボイルド系なイメージである。声も低く安定感があり、男らしい。

 

映画のタイトル「メカニック」は英語で整備士、整備兵という意味だが、

英俗語で”殺し屋”ということらしい。この映画の中でアーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)は精密機械のように完璧に殺しを行う殺し屋として、”メカニック”と呼ばれている。

 そんな彼に、ある日、雇い主から自分の殺しの技術を教えてくれた恩人、ハリー・マッケンナーを殺すよう依頼される。聞くと、南アフリカでの暗殺計画をハリーが裏切って外部に漏らし、殺し屋5人が返り討ちにあったからだという。

最初は拒否するも、組織を守るためと、依頼通り、ハリーを暗殺する。父が何者かに殺されたことを知ったスティーブ・マッケンナ(ハリーの息子)は仇をとるために、自分をメカニックにしてくれと、アーサーに依頼し、弟子入りすることになる。最初は拒むものの、弟子入りを受け入れ、数々の暗殺をともに行っていく。

そして、終盤は雇い主に裏切られ、雇い主を暗殺するなど数々の人間ドラマがこの映画の中で繰り広げられている。

9月下旬に、この映画の次作「メカニック ワールドミッション」が公開されるようなので、楽しみである。

 

新作ではジェイソン・ステイサムはもちろん、あの有名女優ジェシカ・アルバも出演しているようだ。

f:id:salsol:20160905125200j:plain

 

ジェイソンの男らしさ、渋さ、落ち着きを吸収したい。

 

そして、いつかジェシカ・アルバのような外国人美女とも仲良くなりたい。

 

以上!