読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイレベル美女をナンパして人間力を磨く

ナンパを通じて人間力、男らしさ、コミュニケーション能力を磨く大学生の挑戦

8/10(水) ハマ ストナン 反省点

ストリートナンパ

今日は用事を済ませた後、ハマで軽くストナン。

ナンパのために街に出るんじゃなくて、ついでにナンパという感じ。

最近は合流ばかりしているので、久しぶりの完ソロです。

 

 

結果

@はま 30分

声かけ4

笑い反応4

会話成立3

連れ出し0

LG0

 

まあ、坊主でした。笑

地蔵するかと思いきや、普通に声かけれた自分にびっくり。成長成長。

 

オレンジの部分がもっとこう切り返せばよかったなと思ったところです。 

 

1人目 金髪のギャル

タメか、年下くらいの感じでイヤホンしてた

タンクトップ、ショーパン、サンダルというラフな格好

自分「ごめんなさい、この辺でこれくらいのペンギン見ませんでした?」

女性 微妙に笑う

自分「俺と同じ格好してたと思うんですけど、見てないっすか?」

女性「すいません、今急いでるんで」

自分「うそ、俺もちょう急いでる」

女性「ちょっと、用事あるんで」

自分「まじで、でも明日でも大丈夫でしょ?」

 

ここで放流。

「用事って、俺のペンギン売りさばきにいくんでしょ?」

「つか、今日は海帰りっすか?めっちゃラフな格好ですけど」

みたいな感じで、共有スペースに移るべきだった。

 

2人目 金髪の女子大生

 

自分「ごめんなさい、この辺でこれくらいのペンギン見ませんでした?」

女性「いや、見てないです」(微妙な反応) 「見ようよ、見ていきましょうよ」

自分「まじで、俺と同じ格好してたと思うんだけど」

女性 無言    「あー、とったでしょ笑」

自分 「そのバッグの中入ってません?」

女性「入ってないです」

自分「てか、今日これから何かあるの?」

女性「ちょっとお店探してます」

自分「お、じゃあ一緒に探しましょうか?」

女性「大丈夫です」

自分「俺、この辺めっちゃ詳しいんですよ」

女性「大丈夫です」

自分「つか、靴かわいいすね、どこの?」

女性「ちょっと分かんないです」

自分「分かんないか」   「分かんないの?うそ、万引きしたんでしょ笑俺のペンギンとったみたいに」

自分「つか、暑くない?」

女性「暑いですね」

自分「あ、今暑いって言っちゃった?笑」

女性 笑う

自分「そこで、あっつあっつのコーヒ飲むか」

女性「コーヒー嫌いなんで」     「まじで、コーヒーもお前のこと嫌いって言ってたよ」

 

放流

 

3人目 可愛い系OL

自分「ごめんなさい」

OL 「はい笑」 めっちゃ笑いながら

自分「なんでそんなに笑ってるんですか?何かいいことありました?笑」

OL「いや、特にないですけど笑」

自分「ちょっと、一個だけ聞きたいんですけど、この辺でこれくらいのペンギン見ませんでした?」

OL「ペンギン?笑 見たいみたい」

自分「見てないすか?あの、今ペンギン探してるっていうていで話しかけたんすけど」

OL「あ、そういうことね笑」   「これみよがしなんですけど、ちょっとそこでお茶しません?こんなに笑ってしまったし」

自分「もしよければお茶しませんか?あそこで」

OL「今ちょっと時間ないんですよ」

自分「あ、時間ないんですか?時間ってなんでなくなるんですかね?不思議ですよね。ちょっとなぜ時間がなくなるかについて、あそこで話しませんか?」

OL「ちょっと実家に帰省するときのお土産買いにいかなきゃいけないんで」

自分「まあそういう時期ですもんね」

OL「そうですね笑」

自分「俺も一緒にいっていいですか?」

OL「いや、ちょっと困ります笑」

自分「そうっすよね、ちなみに実家はどこなんですか?」

OL「○○です」

自分「あ、割と近いんだ笑もっと東北の方かと思ってた笑」

 「てか、ぶっちゃけそんな急いでないでしょ?」

放流。

書き起こしてみると、すぐオファーしていたり、もっとこうすればよかったという点が浮き彫りに。まだまだ、全然やな。

 

4人目 派手目のワンピースの女性 30中盤くらい?

自分「ごめんなさい、この辺でこれくらいのペンギン見ませんでした?」

女性 目めっちゃ大きくなる、無言

自分「俺と同じかっこうしてたと思うんですけど」

女性 自分と反対側見る 口元笑ってる?

自分「そのバッグの中入ってません?」

女性 無言

 

放流。

つか、今日はどうしたんすか?これからダンスパーティーかなんか?」

みたいに共有スペースを使うべきだった。