ハイレベル美女をナンパして人間力を磨く

ナンパを通じて人間力、男らしさ、コミュニケーション能力を磨く大学生の挑戦

綱島源泉 湯けむりの庄

今日は綱島にある、湯けむりの庄に行ってきました。

 

 

綱島駅から、川崎駅行きのバスに乗って、6分。バス停から徒歩1分のところにあります。

f:id:salsol:20160803211713p:plain

f:id:salsol:20160803211238p:plain

 

外観はこんな感じで、めちゃくちゃ綺麗です!

何か温泉っぽくはないですね。普通の旅館みたいな高級感のある風貌でした。

 

大人は平日で1200円で、中の温泉、くつろぎスペース使いたい放題です。

接客してくれた、お姉さんがとても丁寧で、バイトでありながらもしっかり教育されているのかなという印象を受けました。

 

平日ということもあって、かなり空いてましたね。

 

この温泉は美肌の湯として有名なナトリウム炭酸水素塩泉で、皮膚を滑らかにする作用があるらしいです。

確かに、今手を触ってみると、すべすべしてるかも。

この前行った、お風呂の王様の絹の湯の美しい色合いとは対照的に琥珀色、赤褐色っていうんですかね、そんな濁ってる感じの温泉でした。

 

特に何かハプニングがあった訳でもなく、7回くらい温冷交代浴して、あがりました。

 

ちなみに、

交代浴とは、暖かいお湯と冷たい水風呂、交互に浸かる入浴方法です。

暖かいお湯に2~5分、冷たい水風呂に30秒~2分くらいつかるのを3~5回程度繰り返します。

温浴しているときに血管を広げ、冷浴しているときに血管を収縮させ、血流をよくし、疲労物質、老廃物を速く取り除く効果があるそうです。

 

疲れたときはぜひやってみてください。

 

 

何か温泉紹介ブログみたいになってますが、、、笑

頭の記憶を整理して、アウトプットする、分かりやすく伝えるっていうことは

対女性コミュニケーションだけでなく、日々のコミュニケーションでも大切だなと思ったので、一見するとナンパに関係ないできごとでも、こうやって書いていきないなと思います!

 

今日声かけはしなかったのですが、岡田さんの音声を聞いたので、そのアウトプットをしたいと思います。

 

・地蔵になってしまうのは、自分の準備不足。後ろめたい気持ちがあったら、地蔵はクリアできない。できたとしても、失敗したらまた地蔵になる。地蔵をクリアするには、早くやってみたい、試してみたいという+の感情が芽生えないといけない。それを芽生えさせるためにはしっかり準備するしかない。準備とは雰囲気作り、アプローチカード、アプローチ、アプローチから出てくる会話の切り返し、応酬会話、オファー会話、シュミレーション、それらをしっかりすることで、早く試してみたいという感情が生まれる。そうなると、街に出てもスムーズに声をかけられる。うそをつかずにしっかりと正直に向き合う。本当は嫌な気持ちがあるのにだましてもしょうがない。そこにふたをして、やろうとしても、地蔵になる。自分が前向きになれるほど確固たる準備ができているかが大切。そこを正直に向き合う。後ろ向きにあるのは準備不足

・アプローチしていて、言葉が出てこない。

慣れてくれば解決する。

・上手に粘りながら会話を盛り上げられない。

これはうまくやろうとしすぎ。うまく話そうとするのが、一番つまらない。少し下手くらいがちょうどいい。

・カフェオファーがうまくいかない

▶︎距離感が縮まってない、立場決定ができてない。

▶︎いつもよりも頑張って、会話を重ねる。共有スペース、ターゲットのプットを使って。自分が思っているよりも、距離感が縮まっていない。感情が高いところでオファーするとターゲットはオファーをのみやすい。

カフェの連れ出しのことを忘れる。それが頭にあると、どうしても欲が出てきてしまう。それはターゲットにも伝わる。そこを一旦おいておくと、自然なナチュラルな楽しい会話が展開できる。極端にいうと、オファーすることは忘れてもいいくらい。距離が縮まってないのに、ごり押しでカフェに連れしだしても最終的にはうまくいかない。そうしていくことで、カフェーに連れ出すタイミングなどが分かってくるから、そこの感性を磨いていく。

・連れ出して、会話が盛り下がる

プレーヤーが話をつくろうとしすぎて、緊張しているから。もっとリラックス。根本的なことだが。アプローチできて、連れ出しもできたということは、もう距離感は縮まっている訳だから、プレーヤーがリラックスすればするほど、相手もリラックスできる。鏡だから。リラックス、その時間を楽しむ。そこまでいくアプローチ会話の技術があるわけだから、後必要なのはリラックス、肩の力を抜いて、相手に興味を持って、会話を楽しむ。楽しいからいい結果がついてくる。

 

 

とりあえず、こんな感じで今日は終わりたいと思います。

 

今自分ができることは、しっかりとした準備をすることと、一旦カフェオファーを忘れて、相手の反応を拾って、楽しませる、距離感を縮めることっすね。